読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Journal de la Rive Droite 右岸通信

物理的には私は右岸にいる 精神的には左岸にいる これは右岸と左岸に解離している私の通信記録 解離性障害とともに

無題

もうひとつのブログはしばらく休止することにした。

 

私のトラウマは「居場所がなくなること」というのがわかってきたが、それは大抵、自分の気持ちや意見を表現をしたときにそこに居合わせた人に一方的な怒りを示されることが原因である。

前回の記事に書いた、会ったことも話したこともないのに、勝手に私を理解者扱いし、質問を浴びせ、私がそれは主治医に聞いてくださいと言うと怒るような人はその典型だ。

私はそれによって、自分の意思で得たアカウントのブログの場すら安全ではないのだと感じて非常なショックを受けてしまう。

そもそも全く私は悪いことをしてないのに何故こんな目に遭うのか、本当に理解ができないと混乱し、諦める。

 

カウンセリング学校に行っているときも同様で、女性の先生に一方的に「来るな」と言われた。

そのカウンセリング授業中に先生がある人(彼女も受講生)の心情的な読み解きをできない、わからないといい、私にわかるかと聞いたので、答えた。

私の話したことは当たっていたらしく、彼女はそれ以降、私をあてにした。

他の受講生もそれを目の当たりにし、私の場合はどうかと矢継ぎ早に聞いてきた。

みんな、私との練習カウンセリングをしたがった。

私は先生よりもクラスの人たちの信頼を一瞬にして勝ち取ってしまったことにすぐに気付いたが、もうどうしようもないのだった。

そのあとに、あなたは和を乱す、という理由で先生から来るなというメールが来た。

私は先生に防衛機制が働いてると考え、スーパービジョンを求めたが、なんの返答も得られず、通った時間は無駄になり、資格も当然ない。

まさか学校で、当然受講費も払っているのにこんなことになるなんて誰が予想するだろう。

 

私の人生は両親をはじめとして、このようなことや人と出会う連続であった。

だから、私は思っていることを言うことがいつも怖い。

言えば、誰かの理不尽な怒りを買い、安全なはずの場所が安全ではなくなる。

私にとっては旦那さんとの関係もこれの繰り返しだ。

表面的にはこの家は確かに居場所なのだが、私は心から安らげていない。

私はそういうシチュエーションを回避するために旦那さんをできるだけ怒らせないように、機嫌よくあるように自動モードで振る舞ってしまう。

これはありとあらゆる場でそうだ。

自動モードの私は「Ms.感じが良い」なのだ。

容姿は関係がない。

私の容姿は中の下か、下の上程度だが、人々は私を嫌うことはないのである。

しかし、自動モードにするために、私は私を切り離す。私はそういう解離なのだ。

 

私は誰かといることがそもそも向いていないような気がする。

私の居場所は私の頭の中にある世界のように誰もいないところにしかないような気がする。

そうではないと、私は私を保つことが難しい。

思ったことを素直に言っても相手の防衛機制による怒りをぶつけられない居場所は今のところ、私にはカウンセリングにしかない。

あるだけありがたい。

しかし、そこ以外に、この現実で私がその場所を確保することは難しいのかもしれない。

インターネットのなかでさえも難しい。

ネットはできる限り、クローズドにするしかないし、現実でも極力、人を避ける生活となる。

それは私の現状だ。

つまるところ、私の回復とはここが限界地点なのだろうか…。

大きなプロセスの中の長い通過点なのだと言い聞かせようにも私の心はあまりに固く小さくなっていて、巨大な虚しさに押しつぶされそうだ。

つらい

ずっと書いていた別のブログを書くのがとても嫌になってしまった。

理由は変なメールをもらったからだ。

告白というかなんというか…

別にさしたる個人情報を書いてるわけではないし、アカウント名もそこでしか使っていないものなので実生活に差し障りはないことはわかっている。

わかってはいるが、私は凍りついてしまう。

 

私のブログは基本的に解離についての本を読んだ感想というか個人的なまとめと、思うことだけを書いている。

私は私なりに真剣なのだ。

それを見て軽々しく「かつて好きだった〇〇ちゃんを思い出します、もちろんあなたのことも好きです」とメールを出せる無神経さは暴力的にすら感じてしまう。

その人のブログを見ると明らかなMRなので仕方がないといえば仕方がないのだが。

 

私はこのような他者の無神経さの前にとても脆弱だ。

私の人生で、このようなことは両親をはじめとして、幾度となく繰り広げられてきた。

そして、私はそれに対して怒るわけでも責めるわけでもない。

そんなことをしても通じないことを既にとっくにわかっているからだ。

だから、ただ、もうだめだと静かに思う。

何度、言葉を使い、説明したかわからない。

説明してもしても、相手は激怒するか、私のせいにする。

何故このようになるのか、論理的に、客観的に考えて、私は私なりに最善を尽くしてきたつもりだ。

しかし、どうしても伝わらない。

私の言葉はわかりにくいだろうか。

私の表現やたとえは不適切だろうか。

何十年も私は考え続け、諦めてきた。

 

私はこういうことが起こるたび、どうしていいかわからない。

それは違うのではないか、おかしいのではないか、失礼ではないかと伝えても、あなたがおかしいと言われるか怒られるばかりなのだ。

言わずにその場やその人から離れるしか私は解決策を見いだせない。

こうして私は居場所を失い続けてきた。

そして、また何年も書いてきたブログの場を失おうとしている。

メールの人にはかつて、解離について何度も質問されたので「わかりません、主治医に話してください」と返信したら罵られた。

本当に勘弁して欲しい。

私はただただ、言葉を紡いでいるだけなのに、なぜこのような無神経さに当てられなくてはならないのか、全くわからない。

愛着障害の症状と発達障害は間違いやすい

前回の知的障害の解離の補足訂正の説明に引き続き、ASD自閉症スペクトラム障害アスペルガー症候群)の解離についての補足訂正をしたい。

 

解離性障害のなかには自閉症スペクトラム障害的、アスペルガー症候群的、ASD的に見える人がいる。

柴山雅敏「解離の舞台」にも自閉型解離について書かれている。

しかし、実際は前回の記事の通りで本当に発達障害であれば、解離性障害ではないし、そもそも、ASD自体が誤診がとても多く、誤解されていると私の先生はいう。

柴山雅敏の本にある自閉型解離の例の人々の多くはおそらくASDではないのだそうだ。

 

ASDに見えてしまう一番の理由は以前の記事にも書いたが、感覚過敏であることだろう。

私は、他の発達障害要素がなく、感覚過敏だけが顕著ならば、それはHSPなのだろうとも書いた。

この感覚過敏を本来から持ち合わせていればHSPでよいのだが、育ちのせいで感覚過敏となる場合もある。

愛着障害である。

 

愛着障害とは簡単に言えば、養育者によって不安や不快を取り除かれながら、安心して他者を頼ったり信じたりしながら、3歳くらいまでの間、育つことができなかった人々を指す。

そのように育つと、まだ赤ちゃんだというのに、脳は自分で自分をなんとかせねば生きていけないと学ぶ。

守ってくれる人がいないから、生き延びるために外界に敏感になって、危機を乗り越えようと成長するのである。

 

愛着障害の人の敏感さの具体例をあげる。

☆気温に敏感

適切な温度ではないと不安感や不快感があり、季節性の鬱的な症状が出る

(季節性の鬱は知的障害のある人にも多いが、よく聞くと、寒い、または暑いから動きたくないというわがままで怠惰な理由が多いので別物)

☆物の触り心地や清潔度が気になる

外界との境界となる皮膚が敏感なため、汚いように感じるものを触ると汚染された気がして手を洗ったりが激しいという強迫性障害ASDのこだわり行動のような症状が出る

自分を包み込む衣服などにこだわりが出る

☆もしくは上記のことを我慢しすぎる

暑いや寒いを過剰に我慢し、エアコンをつけたりしない(つけることを思いつかない)など

 

このように見ると、私は自分をHSPだと感じていたが、愛着障害HSP傾向が組み合わさっているのかもしれないと思った。

愛着障害のある人の離人感は空気や物、音楽、人などと一体化するようなものとなりやすいはずだ。

自分と世界の境界が敏感で繊細だからこその一体感なのである。

私が音楽やきれいな景色を眺めるときはいつもその一体感がある。

これは「解離の舞台」では自閉型解離として紹介されているが、実際は愛着障害の人に特徴的な解離なのだろう。

 

愛着障害は多彩な症状を見せるために誤診と誤解だらけで、知的障害や発達障害のように見える場合もあり、重ね着症候群となりやすい。

しかし、生育歴、養育者の知的障害や発達障害人格障害愛着障害の有無を調べることで愛着障害か否かはわかるはずだ。

解離性障害愛着障害、知的障害、発達障害、いずれも細やかな見立ての上で鑑別し、初めて治療が成り立つので、やはり見立ては大事である。