読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Journal de la Rive Droite 右岸通信

物理的には私は右岸にいる 精神的には左岸にいる これは右岸と左岸に解離している私の通信記録 解離性障害とともに

消費税

www.youtube.com 今日は有言実行、というわけで朝はミスドに行ってから、カウンセリングの先生のところへ行って、お医者さんに渡す紹介状をもらった。 てっきり封筒を受け取るだけで中身を見ることはないと思っていたけど、これでいいですか、とコピーを見せ…

ドーナツ

www.youtube.com 今日は2時前には眠れたようで、悪夢を見なかった。 おにぎりの夢を見た。私が起きて、夜中に、この家でおにぎりを食べている夢。起きたら、あ、私、おにぎり食べてなかったんだと思った。なんか実際に食べてる気分だった。お腹空いてたのか…

薄氷

不安感がとても強い。 私の場合は、この不安感がなんなのか、丹念に見ていく必要がある。私の不安感なのか、小さな私の不安感なのか。 今日は私の不安感だ。明日がカウンセリングだからである。 先生に不安を感じているわけではない。私は昨日書いたようなこ…

ふたつめ

昨日は新幹線移動で寝れるかなと思いきや、眠れず、変性意識に入ってしまい、エネルギーを使ったので、夜、寝たときの記憶がなかった。 一度、悪夢を見て起きてしまったので、もう一度寝たら、また悪夢を見てしまった。 悪夢の豪華二本立てである。 とにかく…

台風

DIDの人たちは恋愛をどうしているんだろう。とコメントをもらって、確かにどうしているんだろう。と思った。 私にはそこまでは全く考えが及ばないというか、そういう発想もなかった。 検索してみると人格ごとに違うパートナーがいる人もいるようだった。 確…

キキとララ

www.youtube.com もう4週間くらい、毎日、キキララを真剣に検索している。眠れない時、ひたすら検索している。 最初のきっかけは、ひまにまかせてフリマアプリをなんとなく見ていた時に目に留まったぬいぐるみがあったことである。キキとララが乗っかってい…

少しだけ

www.youtube.com 私とカウンセリングの先生の実際の出会いはアルコール依存症の人の家族のための勉強会だった。といっても、私にはアルコール依存らしき家族はいない。私は彼のことが気になっただけなのだ。 彼は社会不安障害と診断されて、10年以上薬を飲ん…

あの傘

ゆっくり、しかし、確実に、重く、粘度の高い液体の中に沈み込むような気分を少しでも紛らわせようとお風呂に入った。 涙が止まらなかった。涙はお風呂にいる時、勝手に出ることが多い。つつーっと定期的に頬を伝う。なんで涙が出るのか、原因はよくわからな…

丁寧な現実

私はまた家がなくなってしまうらしい。 結局のところ、私の人生はそのようになっているらしい。 昨夜、旦那さんに一生怒りは消えない、と言われ、それは大変な怒りだなあと思った。その怒りの対象は私だけではないと言っていたが、私が多分に含まれているこ…

眠れぬ夜

眠れない夜が続いている。 昨日は夢でなぜか自転車で山を越えなくては家に帰れず、山のなかを通っていたら、急に雨になり、そのままいきなり夜になり、自転車は捨てなければならないよと旦那さんにいわれ、旦那さんの車で帰ることになるが、車内には知らない…

書くということ

はっきりとわかる症状として、離人感があった私は、離人感と関連が深い病気として、解離性障害やDIDについての知識はもちろんあった。 調べていくうちに行き着くからだ。 しかし、解離性障害で調べると出てくるのはDIDについての記述が多く、人格がたくさん…

ゆらぎ

解離の研究をしている岡野憲一郎さんのブログを熟読している。 熟読すればするほど、DIDや解離性障害は真の意味で治るのだろうか、治す必要もあるのだろうかと考え込んでしまう。 解離の原因というのはよく語られる。 幼少期の連続的なトラウマや安心感のな…

ダンスの練習

www.youtube.com 今日は歩きながら、今まで引越しをした回数を数えていた。 16回だった。 36歳で16回ということはものすごい頻度なんだなと自分でびっくりする。 11月末にもう一回増え、来年3月にもう一回増える予定だ。 私の人生がなんだかとても細切れなの…

八日目の蝉

蝉は生まれてから7日間で死ぬらしい。 だから、8日目に生きている蝉はイレギュラーな存在である、という意味合いが含まれたタイトルの映画を見た。 宿命に翻弄された女性が失われた時間を取り戻す話である。 より正確さを期すならば「失われた」というより「…

嵐の日々

www.youtube.com 土曜日の夜、東京駅から歩いて帰ることにした。 高島屋、コレド日本橋、三越と通り過ぎながらてくてくと歩く。 少し酔っているのか、どこか高揚した雰囲気を出している女性の巻いた髪が歩くたびに跳ねながら向かってくる。 すれ違った刹那、…