読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Journal de la Rive Droite 右岸通信

物理的には私は右岸にいる 精神的には左岸にいる これは右岸と左岸に解離している私の通信記録 解離性障害とともに

キキとララ

www.youtube.com

もう4週間くらい、毎日、キキララを真剣に検索している。眠れない時、ひたすら検索している。

最初のきっかけは、ひまにまかせてフリマアプリをなんとなく見ていた時に目に留まったぬいぐるみがあったことである。キキとララが乗っかっているユニコーンをぬいぐるみにしたものらしかった。

とても安い値段で販売されている。思わず、定価を検索して確認したら結構な値段がする。むむ、これはサイズ的にも、かねてから欲しかった抱き枕の代わりにいいし、お買い得なのではないかと思ったので、買った。

 

私は小さい頃、ぬいぐるみを買ってもらえなかった。

小さい私は、夜になると咳が止まらないという変な症状があった。病院で見てもらっても小児ぜんそくではないという。

しかし、夜になって横になると咳が止まらない。胸のなかに大きなかえるでもいて、夜になるととびはね始めるのかと思うほどに、みぞおちが上下し、げほげほする。

その他に、砂や土、植物をさわると手の皮が剥けるという変な症状もあった。私は基本的に外に出たら物をさわるなといわれていた。

そのようなことから、ぬいぐるみをさわるとよくないかもしれない、ほこりっぽいから咳が出るかもしれないと親は思ったのだろう。

 

届いた大きな袋から現れたユニコーンは、最近のぬいぐるみはこんなにふわふわなんですか!いつからこんななんですか!と思わず道ゆく誰かを引き止めて聞きたくなるほどにふわふわで素晴らしかった。

それからである、つい毎日、検索してしまうようになったのは。

ユニコーンはコットンキャンディというシリーズで少し前に販売されていたもので、他にもくまとねことぞうとひつじが出ているとわかった。驚いたのは、そのくまとねこである。そのくまは私が寝るまえにお話しする脳の中?想像の中?にいる”ふわふわ”という名前の恐ろしく巨大なくまと同じような色でやはりふわふわなのだ。ふわふわがいる…と思ったら、今度はねこだ。近所の東欧の雑貨や絵本を取り扱う店でデッドストックのくろねこのぬいぐるみがあったのだが、そのお値段はなんと3万円。欲しい、欲しい、欲しい、でも買えない。と思ったそのねこにとても似ていた。なんということだ。私はすっかりキキララワールドに引き込まれてしまった。

 

私はずっとかわいいものは私には似合わないし(実際悲しいほどにパステルカラーは似合わない)、子どもっぽい、少女趣味と馬鹿にして遠ざけていたのだが、本当は好きだった、とはっきり思い出したのは、今年の春先くらいだった。

まず、買う服の色が格段に明るくなり、似合わないとわかっていても、かわいいからいいや、と思うようになった。これは本当にかつての私が、今の私をタイムマシンで見に来たら、腰を抜かすほど驚くと思う。

それがいまでは、更に悪化して、まったく目もくれてこなかったサンリオグッズをパソコンやiPhoneの画面で眺めているだけで泣きそうになっている。

かつての私は信じられないだろう。かつての私どころか、いまの私もまだ信じられない。

 

2週間ほど前だろうか、検索画面をみていて、目についた図柄があった。

月の上でキキにくっついてララが寝ている。それを見たら、私は自動的に涙があふれ、しばらく止まらなくなってしまった。

そうか、これは…とその瞬間に私は思い当たった。

私はこのようにして、彼に頭を抱きかかえられながら眠ったことがあるのだ。抱きかかえられながら、なんでこの人は私の頭を抱きかかえるんだ…寝にくいじゃないかと冷静に思うのだが、そのときも自動的に涙が出てきてしまって、私は混乱した。

いずれも、泣いているのは私ではない、小さな私だ。

小さな私は、キキみたいな感じで彼のことを思っているんだね。こりゃ確かに結婚でも恋愛でもないな。だって、キキとララは双子なんだもの。

そう、そして、頭を抱きかかえられながら眠った次の日の朝に彼は私の髪にドライヤーをかけてくれたのだった。その時も私は泣きそうになってしまった。

その体験を何ヶ月かかけて咀嚼し尽くした結果、私はずっと誰かにかわいがられたかったのだな、と自覚するにいたり、微妙に趣味が変わりはじめたのだ。私の中で「かわいい解禁」が起きたのだろう。

結局のところ、全ては繋がっていたらしい。私の知らないところで。

小さな私はララになりたいんだ。

そして、ユニコーンをぎゅっと抱きかかえ、抱きかかえられた日のことを思うのだ。

ユニコーンはキキとララをのせてどこへ行くんだろう。月の裏でもいくのかな。

 

まるで僕らはエイリアンズ

禁断の実 ほおばっては 月の裏を夢みて 

 

f:id:rivedroite:20160929070119j:plain