Journal de la Rive Droite 右岸通信

物理的には私は右岸にいる 精神的には左岸にいる これは右岸と左岸に解離している私の通信記録

ドーナツ

www.youtube.com

今日は2時前には眠れたようで、悪夢を見なかった。

おにぎりの夢を見た。私が起きて、夜中に、この家でおにぎりを食べている夢。起きたら、あ、私、おにぎり食べてなかったんだと思った。なんか実際に食べてる気分だった。お腹空いてたのかな。時計を見たら3時半くらいだった。

眠る前に人と電話をして(考えてみると、電話自体、いつぶりかわからないレベルですごくひさしぶりだった!)笑ったのがよかった気がする。本質的なことだけを見て、シンプルに物事を捉える人なので、ああ、そうかあと気付かされることが多い。

彼の目はレーザービームみたいにどこまでもまっすぐに、そのものを見ているような気がする。そこから自分を振り返ると、なんだか私って全体を見すぎて、考えすぎて、あわあわしてて、可笑しいなって思えて、肩の力が抜けるんだろう。

私が朝早い時間から起きているなんてとても珍しいことだし、今日は朝からカウンセリングの先生のところへ紹介状を取りに行くから、せっかくならモーニングを楽しんでみようと検索した。

ミスドがスープと飲み物と好きなドーナツかパイを選べるみたいで豪華!朝のミスドに行ったことがないから今日はここにしてみようと思う。

些細なことだけれど、楽しみだな。

そして、人は悪夢を見ないだけでこれだけ前向きというか、いままでにないことを考えるようになれることにとても驚いている。

睡眠、そして、その睡眠の質というのは、やはり大切なようである。

本を一冊持って行ってゆったりしよう。実際はおにぎり食べてないからお腹空いた。でも、気分はパイじゃなくて、ドーナツ!甘いのがいいなー!

ドーナツで思い出した曲を聴いてみている。ドーナツトークという歌詞があるのだ。

 

あやふやで 見栄ばかり張る 僕たちのドーナツトーク

髪をながく伸ばしてみて 元には何も戻らないと知るはず

可笑しい程いつもただすれ違うことがセオリー

 

小沢くんの歌詞は大抵、難解だけれども、全ての人間関係が、こんなもんなのかもしれないよね。