Journal de la Rive Droite 右岸通信

物理的には私は右岸にいる 精神的には左岸にいる これは右岸と左岸に解離している私の通信記録

さようなら、こんにちは

引き続き、私の感じてきた「通じなさ」について書いていきたい。

私は滅多に怒らない。いらいらすることや失礼だなと感じることはもちろんたくさんあるけれど。

怒らないのには理由がある。

相手がそのように行動したり、発言したりするのには必ず理由があるからだ。

理由は見ようとすれば、見えてくるし、見る力もついてくる。

心理虐待的育ちをしている人には大概、この力はある。

なんせ目の前の養育者の行動の理由が見えなければ、生きていけなかったからだ。

ただ、この見る力には段階がある。

 

見る力をただ使っているだけが第一段階。

見えている自分を特別に感じ、見えていない人をどこか見下したような雰囲気を漂わせる人が多い。

そう、少し前に書いた例の心理士のような、ね。

どんなに見えていても、見えている自分だけが正しいわけではないし、見えているのはあくまで自分の目を通した世界なのだという肝心のことが見えていない。

相手を深く見ることはできていても、自分という一元的な視点しかないのである。

 

相手には相手に見えている正しさがあり、それもまた、その人にとっては確かなことなのだなと感じられるようになると第二段階。

深く見るということと、いくつもの視点が持てることの両方によって、視野が広がる。

正しさが人の数だけあるということを知る。

多元的視点と広い視野。

この上も、そのまた上もあると私は思っている。

でも、私は知らない。

私はまだ二段階目でしかないから。

 

私は怒らないけれど、意見を言う時は言う。

正しさはいくつあってもよいのだけれど、不特定多数を傷つけたり、迷子にさせかねないような場合のそれは、やはりどんなに本人がそれを正しいと思っていても一元的に過ぎないからだ。

でも、やっぱり一元的な物の見方しかできない人は、私の意見を理解しない。

理解しないばかりか、馬鹿にしてきたり、攻撃的になったりする。

「通じなさ」の完成である。

 

私はずっとこういう世界に生きてきた。

第三段階目があるとしたら、この一段階と二段階の間に、もうひとつの橋渡しのような層を作れるようになることなんだろうかと一生懸命考えていた。

だから、表現方法、伝え方、話し方、例え方、アサーティブを勉強した。

しかしながら、手応えはゼロ。

それをひたすら繰り返して、絶望していたのだ。

 

そんな絶望を繰り返していたからこそ、心理発達についての具体的な臨床例を読みときながらの講義内容には驚いた。

臨床例の中の人は発達のステージが変化する萌芽があり、その段階で鬱になった。

ステージが変わり、鬱が軽快してきたら、ステージが違う人たち(それまでの人間関係)とまるで話が通じなくなった。

その後、中の人は悩みながら、休みながら、最終的には、なんと新たな人間関係を探しに行き、継続せねばならない関係にはある種の割り切りという適応をしていた。

 

見る力がある人の第三段階目は、この臨床例と同じ成り立ちをしているのではないだろうか。

それはつまり「通じなさ」と戦わないことなのではないだろうか。

なんとかしようとしないで、通じる人や通じないまでも、互いに不快にならないで済む人を探して、そこで過ごすことなのではないだろうか。

 

そんなことを引越しで荷物整理をしているときに思った。

少し気に入らなくなってしまった服をまだ着れる、高かったなどと無理に思って大切にする必要はないな、今の私の気分に合う服を自分に買ってあげるために捨てようという発想に至ったら、人間関係も同じ気がしたのだ。

私は、私に、本当に似合う人や、服をプレゼントしてあげてもいいんじゃないか?

無理をして、合わせたり、合わせられたりしないで済むぴったりのもの。

それがどこにあるかは、まだわからないけれど。

さようなら着たくない服。さようなら合わない人々。さようならさようなら。

こんにちは戦わない私。

さようなら名古屋。こんにちは東京。

明日は引っ越しです。