Journal de la Rive Droite 右岸通信

物理的には私は右岸にいる 精神的には左岸にいる これは右岸と左岸に解離している私の通信記録

ぱちり

アドラーという心理学者がいる。

ここ数年、人気があるようで日本では何冊も本が出ているし、ドラマなどにもなったらしい。

(私はテレビを見ないので、このドラマを知らなかったけど見てみたくなった)

アドラーは原因論ではなく目的論の人である。

子供が不良になっているのは、親の育て方が悪いからだ!とか、発達障害かもしれない!と原因を探すのではなく、不良にみえる行動になにか子供なりの目的があるはずだ、と見る感じ。

事実として在る「子供の行動」はひとつだ。

例えば、誰かを殴ったなら殴ったという行動は確かに在り、動かしがたい事実である。

いつだって事実はひとつしかないから。

でも、その事実を見るときの視点はいくつもある。

いくつもある視点から見えるものは事実ではなく、その視点からの真実だ。

ある人にはあの子の親が悪いという真実があり、ある人にはあの子は発達障害だろうという真実がある。

真実はいくつもあるのだ。

だから、人々は争う。

自分に見える真実こそが真実だと言い張り、パワーゲームに陥ってゆく。

しかし、目的論を知っている人はゲームをしない。

あの子はもしかしたら自分や他の誰かを守りたい目的があったのではないか?口が達者じゃなくて気持ちを言葉にできないから代わりに手を出すことでその目的を果たそうとしているだけではないか?と直観を使って、見る。

そして、目的論の人は、その直観からの推論を子供にたずねて検証してみるだろう。

正解なら、子供はそうなんだよ!って自分の話を打ち明けてくれるからすぐわかる。

違っていたら、また推論をする。

それが目的論だ。

 

私はなるほど!アドラーすごい!目的論って優しい視点だなあ!と感動したりして、できる限り、物事をそうやっていろんな角度から見たいし、見ようと心がけていた。

でも、目的論で生きるというのはなかなか難しい。

アドラーは先生であり、学者さんであり、権威があるから、難なくできたのかもしれない。

「ただの人」の私が勇気を持って指摘したり、提言したりしても「意味不明なことを言っている」で終わらされたり、鼻で笑われたり、ブチ切れられたり、反抗的だと怒られたり、とにかく理解されにくすぎるのである。

「嫌われる勇気」というタイトルのアドラー本があるが、実際に目的論を生きるには、嫌われる勇気だけではなく、精神力や自己肯定感もたくさん必要となり、それが尽きると、私のように「通じなさ」に嘆く羽目になるのである。

 

私は前回、「通じなさ」依存症をやめると書いた。

その記事には複数の人がコメントをつけてくれて、私はとても興味深く、楽しく読んだし、ありがたいなあと思った。

私は私自身を目的論で見ることがとても苦手だけれど、コメント欄にはそれぞれの人が目的論から見てくれた「私には見えていなかった私」がいた。

そして、それらは「原因論の生み出すパワーゲーム」を下りたはずの私が「原因論と戦うパワーゲーム」に知らず知らずにはまっていただけなのだと気づかせてくれたのだ!すごい!

そこまで来たら、あれ?私、通じない世界にいたはずなんだけど、いまここは、通じる人がたくさんいる世界だね?あれ?ワープした?という気持ちになっていた。

コメントがついて対話ができるのもそもそも通じてるからなのだ!

 

ぱちり。

ぱちりという言葉は目が覚めるときや、写真を撮るときなどに使う。

当たり前だが、目が開かねば目は覚めないし、ピントが合わねばカメラのシャッターも押さない。(意図的にそうしない場合はあるかもしれないが)

私は目が覚めたから、写真が撮れた。

写真には不思議な風景が写っていた。

いま、わたしたちがいる場所は同じ場所だ。時代も同じだし、地球上だし。

しかし、そこには見えないふたつの流れがはっきりと写し出されていた。

過去からの流れと未来からの流れ。

同じ場所にいるけれど、それぞれが見ている流れは違う。

過去からの流れを見ている人は過去からの慣習や常識、経験を重んじている。

未来からの流れを見ている人はよりよくあるために違う何かを探している。

向いている方向は逆向きだ。

 

どちらの流れも私たちは見ることができるが、どちらの流れもあるということを忘れてしまいがちだ。

私が忘れて、溺れてしまうときは、いつも過去からの流れに溺れている。

あのときはこうだったから今回も同じに違いないとか、どうせできないよとか、そんな過去が溢れてきて、圧倒されてしまう。

私は人よりも少し、過去の流れが強かったし、そこでひとりぼっちだったから、とにかく全身に力が入って、溺れてしまいやすいみたいなのだ。

過去からの流れが悪いわけではない。

その流れが素敵で楽しんでいる人もたくさんいる。

人によって、心地よい流れは違うのだ。

私には過去の流れは激流に感じる、というだけ。

だから、過去の流れにどっぷりの人とはやっぱり通じないところが多いだろう。

通じなくてもいいし、それで当たり前なんだ、と気づいたら、ちからが抜けた。

流れが違う人はいまこの瞬間、この場所で通りすがっているだけ。

次の瞬間には過ぎ去ってしまう。

でも、同じ流れの人ならば、少し先でも、少し後ろでも、会話ができる。

流れがゆるやかなら、すごく遠くでも、目が合えば、互いに手を振るくらいの余裕もあるかもしれない。

そして、もしゆるやかな流れに私が完全にいることができたら、流れが違うほうで溺れている人に、もう私が使っていない浮き輪を投げてあげられるかもしれない。

 

私たちは見ようとさえすれば、いつでもふたつの流れを見ることができる。

私たちは見ようとさえすれば、その流れにある、いくつもの真実も見ることができる。

そのことはまるで、どの瞬間も、あっちもこっちも、写真におさめたくて仕方がなくなってしまう素敵な旅行先に来たみたいな新鮮さを私にもたらす。

夢中で写真を撮る。

ぱちり、ぱちり、ぱちり。

たくさんのぱちりが響くと拍手の音のようだ。

ぱちりぱちりぱちり。ブラボー!