Journal de la Rive Droite 右岸通信

物理的には私は右岸にいる 精神的には左岸にいる これは右岸と左岸に解離している私の通信記録

狙撃手 2

f:id:rivedroite:20170802012544j:image

 

私は何故、私に見えるものを射抜きたいのか。

射抜かねばならないと思って必死なのか。

その一方で、私は何故、それは干渉ではないか、と煩悶し、どこかでなにかが間違っているのではないか、と悩んでいるのか。

射抜きたいというのは、決してあちらのせいではなく、私の中に勝手にある気持ちである。

見えているなら、近付いていって、ひょいと乗ってみたり、話しかけたりもできるかもしれない。

ナウシカが荒ぶる王蟲をとめるのに似たようなこともできるかもしれない。

しかし、何故、そのようなことをせずに、私はわざわざ遠くから、一発で仕留めようとするのか。

それは、私の恐怖と怒りから来ているのではないか。

その恐怖と怒りを私は、私に見えるものに投影していただけではないか。

なにかに対して、私は近付くことができないほどに恐れ、死に追いやりたいほどに怒っているだけなのではないか。

だから遠くから射抜かねばならないと思い込んでいたのではないか。

 

近付けないほどに怖い。

怖いからこそ、その対象に怒りを向け、確実に死に至らしめるために狙撃の精度を上げる必要があった。

あらゆる情報を集め、的確に、鮮やかに、一発で急所を狙おうとするということはそういうことだ。

なぜ一発かの理由は簡単で、私には反撃に耐えるだけの体力も、いざとなったときの逃げ足の早さもないためだ。

そもそも、私は、その反撃に対して、闘争も逃走もできない個体だからこそ、麻痺とフリーズで解離してきたくらいなのだから。

つまり、私はある程度の遠さ、距離がないと、恐怖のあまり、自分を保てないのだ。

それほどまでに私が怖いものはなんだ。

その怖さのあまり、強い怒りを感じるほどのもの。

 

私は見えない世界だけではなく、現実でも近さが怖い。

誰も触るな、近付くな、と常にぴりぴりしている。

誰かが近付く気配だけでも、文字どおり、身体が凍りつくのがわかる。

なんでこんなことになってしまったのか、と当初はよく思ったものだ。

しかし、こんなことになってしまったわけではなく、ずっとこんなだったことに自分でも気が付いていなかっただけなんだと思い至ったとき、私のそれまでの世界は音もなく、崩れ去った。

私にある接触恐怖は決して"接触そのもの"が恐怖なのではない。

赤ちゃんや子供はだっこもできるし、足元にじゃれつかれても平気だ。

猫や犬を見ると、必ず自分から近付いて行ってしまうし、あわよくば、なでなでしたい!と鼻息を荒くして、思う。

彼に触れられたときの感覚、彼といるとそれまでにないほど、楽な感じがしたこと。

それが契機となって現れた接触恐怖にみえたものは、私に元からあった"大人恐怖"なのだ。

 

大人のくせに意味不明の論理を使い、自分のことしか考えない。

大人のくせに無用に人を傷つける。

大人のくせに全体を見渡せない。

私はそんな大人に恐怖しながら、そんな大人に囲まれて暮らしていた。

私の親のような大人に。

だから注意深く見て、急所を常ににらみつけながら、何かあったら素早く反撃できるよう、遠く、適当に、つきあってきたわけだ。

私にある世界の遠さとはこの大人恐怖からくる、諦めなのである。

 

私のアンテナの精度が彼に会ってから、異様とも言えるほど上がり、接触恐怖症レベルになったのは、彼という新たな大人の基準を知ったことで、彼と私の親を両極とした安心と不安のスペクトラムがはっきりできたせいだ。

それぞれのエッセンスを嗅ぎ分けることが可能になったから、より正確な位置確認ができるようになったのだろう。

だから、私はいつも、なんでこんなことに、彼に出会わなければ、と全てを彼のせいにしたがる気持ちが定期的にむくむくと出てきてしまっていた。

しかし、いま、全ては彼のせいではなかったとはっきりわかった。

そして、同時に何故、私がここまで彼にこだわるのか、ということも。

私は、私の親とよく似た、彼を悩ませる彼の親を、私の親の代わりにどうにかしたいのだ。

彼をその悩みから助ける、彼の切なる願いを叶えるという名目で。

何故、彼の親かと言えば、私の親は無理だからだ。変わることがないのがわかりすぎるほどにわかる。

しかし、よく似ているけれど、彼の親には私の親とは違う点がある。

そこに私は希望を見ているのだ。

どうにかなるだけの見込みが見えているのだ。

だからこそ、どうにかしたくてたまらないのだ。

私は彼を襲う彼のなかの無力感という魔物から彼を守りたい。彼を助けたい。そして、そのことによって、私が助かりたい。

私はどうにもならない世界だけではないということを知りたい。

どうにかなる世界を見たい。

私が叶えられないことを彼に叶えて欲しい。

そして、彼ならできるという確信があるのだ。

根拠は私が会った中で最も強く、優しい人だからだ。ただそれだけが根拠なんてバカみたいだ。でもそうとしか言えない。

私はものすごく自分勝手だ。しかも他力本願だ。そしてわがままだ。

でも、でも、でも、私はずっとそのために勉強をしてきたのではないか。

あちこちに移動するなにかを何度見失っても、混乱しても、いまだにうまく見立てられなくても。

私が見つめていたなにかは恐怖と怒りであり、絶望の中の希望でもあった。

射抜いてはいけない。射抜くのではない。

私が目指すべきは狙撃手ではなく、狙撃手のような視線を持つ人だ。

 

でも、私はちゃんと知っている。

私はデイドリーマーではないから。

私の願いはきっと叶わないと。

どう見ても叶う見込みは現時点でない。

着手できたら、どうにかできるという見込みはあっても、着手できないのだから。

しかし、叶わないとわかっていても、どうにかできるという見込みがあることは変わらない。

だから、私はやめられない。

私がやめるということは、もともとゼロに近い成功確率を私の手でゼロにすること。

私はゼロにはしたくない、そこに可能性がわずかでもある限り。

諦めが悪くてもいいのだ。

諦めることがいつだって美しく正しく生きやすい方法とは限らない。

人生は諦めた分だけ、鮮やかさを失い、まるで偽物のような世界が領土を拡大するだけ。

私はそれをよく知っている。

私の世界の遠さは、離人感は、諦めでできているんだもの。

私が目指すべきは狙撃手ではなく、狙撃手が決して諦めずに狙い続けるその姿勢なのだ。