Journal de la Rive Droite 右岸通信

物理的には私は右岸にいる 精神的には左岸にいる これは右岸と左岸に解離している私の通信記録

エナクトメントか、反復強迫か

カウンセリングだった。

エナクトメントについて話した。

私はさまざまな事象をまとめてエナクトメントと見ていたが、先生は違うのではないか、と言う。

まず、エナクトメントは人によって解釈が全然違い、扱いが難しいという。

私の話を整理すると、エナクトメントというよりは、反復強迫のほうがすっきりするようだ。

 

私が聞き役になってしまうことには大まかに2パターンある。

普通の人がなぜか話したいスイッチが入るパターンは、この人ならわかるという安心感が私との間にうまれるからであり、ある種の投影が私になされている。

自己愛的な人は最初は上記と同じなのだが、それがだんだんと攻撃排除に変わりだす。こちらのパターンでは、彼ら/彼女らは私に投影、または、投影性同一視している。

ただそれだけなのだが、それが私のトラウマと同じ形をしており、そこで私はなんともいえぬ空虚さを抱いてしまう。

私はいま、ここにいて、目の前の人の話を一生懸命聞いているのに、その目の前の人は私に話しかけてはいないという点で。

話す人たちは、みな、うっとりと自己陶酔して独り言の世界にいるか、私ではないものを見ながら話している。

私はそのとき、まるで実態のないホログラムか、透明人間になった気がする。

私はここにいるけれども、もしかしたら、ここにいないのではないか?本当に私はいるのだろうか?という不安、疑問を抱えた孤独感。

これはエナクトメントというよりは反復強迫なのではないか、と先生は言うのである。

 

投影されたことに対して私が感じる孤独感。空気の薄さ。世界の遠さ。誰も私が見えていないのではないかというひとりぼっちの感覚。

このように捉えると、この感覚は「離人感」ではなく、私の心象においては、れっきとした事実なのだろう。

さらに言えば、その繰り返しに対して、私が自我を守るためにとった防衛機制は自分の感情を切り離す「解離」であって、だからこそ、延々、人の話を聞けるということになるのだろう。

 

彼は、私にとって「見えないはずの私」を反復強迫しようとしたのに、そうはならなかった存在、ということになる。

同時に彼もまた「話せない、話してもわかりあえない」という反復強迫をしたかったのにも関わらず、現実はそうではなかったために混乱をきたした。

どちらにとっても、それはおそらく初めての感覚だったのだろう、と先生は言う。

その初めてのことに混乱し、彼は私といるときの自分は虚像だと言い残し、いなくなった。

私は何が起きたのかを躍起になって調べ始めた。

 

彼は私に投影はしていなかった。

しかし、私は彼に強烈に投影していた。

私は感情が解離していたために、彼が母親の話をするときに見せた苦悩、悲しさ、罪悪感などを通して、初めて、それが私にあることを認識した。

彼のした話は、確かに彼の話だが、私の話でもあったということを、彼は知らない。

私は私の話を、当時の時点では、話すことができなかったからだ。

彼の母親と私の母親は全く同じことを言う人たちだった。

そこで、私は彼と私の線引きが極端に曖昧になった。

彼は私なのか?私は彼なのか?

調べれば調べるほど、それは心理学的な裏付けが取れて、私を驚かせた。

不完全な解離、解離、彼と私を分けた一点はそこであり、それはまさに双子のような病理だった。

しかし、私は私の母親には見出せない点を彼の母親に見出した。

それは彼ではなく、私の希望であった。

どうにかしたくてたまらず、勉強をしていた、というわけである。

 

私は私にされる投影にはえらく敏感である。それがトラウマともいえるからだ。

だからこそ、自分は、慎重に、慎重に、なるべく投影せずに物事を見るくせがついた。

それが直観力というものなのだと思う。

それなのに、私は完全に彼に投影していたのだということに先日、ようやく気付き、愕然とした。

先生は致し方のないことだと言った。

あなたが投影できる人はほとんどいないはずだ、投影というよりは、鏡像を見たというほうが正しい、と。

あなたたちはどれだけ見立ての類型を学ぼうと当てはまらない人たちだ、と。

 

ふむ。

確かにエナクトメントではなく、反復強迫と考えると、だいぶすっきりしてきた感じはする。

しかし、私は一体、どうしたら良いのだろう。

まるで糸の切れた凧のような気分が続いている。

やることがなくなってしまった。

本もパタリと読めなくなり、彼によく似た綾野剛の出てる映画やドラマをNetflixでみることもパタリとやめた。

人の話を聞くのに心底疲れた。

先日は彼に会って以降、見ることのなかった追いかけられる夢を久しぶりに見た。

身体が疲れきり、不眠はかなり続いている。

夜な夜な、彼を思い出しては感情的に泣き、いや、もはや全く好きではないし、もう執着する理由なんてなくなったじゃないか、彼の母親は彼の母親であり、私の母親ではないのだから、終わり終わり!などと冷静に思い、相変わらず、両極を揺れる。

あげくに申し込んだ講座はやっぱりやめようかと考えこんでいる。

そもそも、私は誰かに触れられたくないし、触れたくもないのに、なんで愛着障害に特化したSEのタッチングを勉強するのか意味がわからない。

習っても自分にできないし。

私は私のことが、全くわからなくなった。

ずっとわかってないのだが、ずっとわかってない上に更にわからなくなった。

ついでにいえば、エナクトメントと反復強迫の違いもわからなくなった。

反復強迫フロイトの考えだが、そこにユングシンクロニシティ的な概念を取り込むとエナクトメントになる感じもするが…

調べたいが、とにかく、気力がない。