Journal de la Rive Droite 右岸通信

物理的には私は右岸にいる 精神的には左岸にいる これは右岸と左岸に解離している私の通信記録

全力で打ち返す

ひょんなことから人のカウンセリングをしている。

本当によくわからない成り行きで。近所のファミレスで。

私はなぜか、手に取るようにその人たちが、その人たちの抱えていることがわかる。

しかし、自分でもなぜなのか、よくわからない。

冷蔵庫をあけ、入っている材料で何が美味しく作れるか、ただ見えてくるみたいな感覚である。

そして、その料理のために下ごしらえと調理の順番を組み立てるように、アプローチをするだけだ。

なぜそんなにわかるのかと問われる。

今までこんな変化があったことはない、と彼らは驚きながら言う。

なんせ、彼らも催眠療法家であったり、心理療法家なのである。

そんな彼らが人目を憚らずに泣いたり、あまりのリラックスに寝てしまったり、

まとう空気感が大きく変わったりするのである。私の目の前で。

そして、私はその度に人間は実に不思議な生き物だなと思うのである。

その他の近況としては参加している心理学の勉強のグループの雰囲気がおかしかったので、何がおかしいか読み取って、私にわかる範囲で最適な行動をした。

その後のグループ内はほぼ予測通りの動きを見せている。

グループワークに適さない、個人的なニーズの重い人がいるとグループとしての成長の速度が遅くなり、そういう人を気遣いすぎて、集団カウンセリングするような感じとなる。

今回はそれがいちばんの問題だった。

それを私の一つの行動だけで振り分け、さらに今まで成長が阻害されていた人たちの能動性が発揮できるようにした。

ただ、こういうことをするといつも私はぎょっとされ、よく切れるナイフのような鋭さを人々に感じさせるらしい。

いつもはここ止まりで誤解されて終わるのだが、今回はそこをファシリテーターがなぜなのか、と問うてくれたので、私は、やっと、私が誤解される理由がわかった。

私の思考はとても早いようである。だから、他人からは理解しにくいらしいのだ。

このことを旦那さんは将棋でいうなら、100手先まで読んで1手を指す私の行動は10手先しか読めない人には「この手の意味が全くわからない…」って感じに見えるんだけど実はもうほぼ王手だから怖いんだよ、と私に説明した。

じゃあ、怖くないようにするには、私は、その行動に至るまでの、思考段階を一つ一つ説明しなきゃならないのかなあ?軽く50段階くらいあるし、そこには私が読みとった個人の印象という変数も加えて計算してるからそこも説明するとなると100段階は超えるけど?と聞くと、まあ、そうしないと全く理解できない人もいるだろうね、と旦那さんはいった。

でもさ、その個人の印象はそれを相手に言うとショックを受けるであろうこともたくさんあるから私は言わないで一気に一点突破にしてるんだよ。それが結局、一番ダメージが少ないからそうしてるんだけど、そこが私なりの優しさなんだけど…と言うと、旦那さんは困っていた。

そして、ファシリテーターの人も。

結局、誰も、私のやり方以外のより良き方法を提示はできないのである。

一見、全てがカオスになるような賛否両論の私の行動は実は全体最適にもなり、個々の最適にもなるように計算してある。もちろんそれを私は完璧とは思わない。

サイコパスっぽく見えてしまうのならやっぱりそれは改善すべきということだから。

でもとりあえず、きちんとなる。そして、現に、なっている。

ある人にはとても残酷な行動のように見えても、きちんと回復への最短ルートに乗るようにしてある。

だから、結局、的確で困るのだ、とファシリテーターの人は言った。

そして、そこで私が提示したそのグループワークの機能不全の問題点や改善点は今までどんなコンサルに見てもらったものよりすごい、と。

 

最近のことを考えると、つまるところ、私は行動に移すことを始めているらしい。

とても奇妙なやり方で。

以前と違うことは目の前に飛んできた球を無視するでもなく、何かを慮って手加減するでもなく、打てないふりをするでもなく、とりあえず片っ端から全力で打ち返すことに決めた、ただそれだけである。