Journal de la Rive Droite 右岸通信

物理的には私は右岸にいる 精神的には左岸にいる これは右岸と左岸に解離している私の通信記録

Neil Jung

www.youtube.com

 

かつて私が暮らしていたマンションの下を通り過ぎる。

思わず、最上階の角の部屋のベランダを見上げてしまう。

私はエアコンの室外機に少し腰掛け、彼は横に立つ。

今もそんなことがどこか違う世界では進行しているのではないか。

そう思って不思議な気持ちになる。

私はどうしたらよかったのか。何を間違えたのか。

自分に問いかけていた時もあったけれど、もう、そうするまでもない。

私はどうしたらよかったのかわかっていた。できなかっただけだ。

何を間違えたわけでもない。その時はそれが最善だと思っていただけだ。

けれど、ただそれだけ、が、その後の時間の流れを大きく変えることもある。

 

私はこれからどうやって生きていくのかな。

本当はどうやって生きたかったのかな。

これまでどうやって生きていたのだっけな。

そんな疑問が巨大な湖のように私の目の前に現れて、私はそれを毎日じっと見つめている。

見つめていると、私はどこか根本的なところで生きるのをやめていたし、今もそれは進行中だと気がつく。

何もかもが割とどうでもいいのは、そういうことだった。

私は決して心が広いわけでも、大雑把なわけでも、我慢強いわけでもなかった。

単純に諦めていたのだ。

能動的に生きることを放棄していたとも言えるだろう。

今更、一体どうしろっていうんだ…と完全に途方に暮れながら、私は私の人生と相談にならない相談をしている。

 

高校生の頃、ものすごく好きだった曲を最近、またよく聴いている。

その曲はNeil Jungという。ニールヤングっぽい曲に、自分のことを他人事のようにみてユングっぽい精神分析的な歌詞にしているから、このタイトルらしい。

ニールヤングもそれほど良く知らず、ユングのことも心理学の偉い人くらいの知識しかなく、英語の歌詞もただの音にしか聞こえていない当時の私だったけれども、本当に大好きだった。

今、パソコンでこうして聴いても、落として壊れてきちんと閉まらなくなって無理やり輪ゴムで留めていたウォークマンでよく聴いてたことを思い出す。

あの、つるつるした白いウォークマンの真ん中に幅の広い輪ゴムを二重。

買い換えるならMDプレーヤーかCDプレーヤーか、とよく思っていた。

結局、私はどちらにも買い換えず、第一世代のiPodが出た時に買った。

この曲はiPodになっても、iPhoneになっても、iMacが形をどれだけ変えても、必ず入り続けている。

 

Was going nowhere
Couldn't take the pain and left it there

そう何度も歌うこの曲。私はその歌詞をあらためて聴きながら、初めて聴いたかのように、これはまるで私のようだと思う。 

行き詰まっていた、痛みをどうすることもできず、置き去りにして。

日本語にしたら、こんな感じだろうか。

私が何度も何度も繰り返し、置き去りにして諦めていたものが、目の前の巨大な湖なのだろうか。

だとしたら、この湖はひょっとして私の涙でできているのではないか。

そんなことを思う。

この湖は私の青の世界の湖と一緒なのだろう。

曲の歌詞のように、私も自分をユング的に解釈する羽目になっているなんて、不思議なものだ。そして困ったものだ。

何がどうなっているんだ。